Happy Life  を 目指して too

身の丈にあったちょうどいいライフスタイルを送りたいです。
anon

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← ああ、ご飯が美味しい

幸福感は遺伝するらしい

予備校生の次男、さすがにテレビドラマは見ないようになりましたが、
連日お笑いのバラエティ番組を見てる・・・--;

昨日さんまさんの「ホンマでっか!?TV」を見ていたら

幸福感は遺伝する

という情報がありました。
(ホンマでっかTVは、脳科学者やいろんな知識のあるかたたちによって語られるビックリするような話をさんまさんやブラックマヨネーズさんらが混ぜっ返して(笑)面白おかしく深めていくバラエティ番組です。)

幸福を感じやすいか感じにくいかは、遺伝子によって決まってるんだそうです。


昨日言われていたのは
「衝動買いをするひとほど幸福感が薄い」
でしたけど、
(狭い家なので)ひっつきもっつき笑いながらそれを見ていて、
次男に向かって聞いてみました。

「次男、今幸せ?」

「うん!」

・・・
即答!?

幸せなんだ・・・
健康管理が足りなかった私のせいで浪人生になってしまい
1年受験勉強をしなければいけない期間が延びてしまったというのに

幸せなんだー。


迷わず即答されたことで
今も定期的にぶり返される私の中の自責の念が
少し薄まる思いがして泣けた。

でもそんな心の中は露ほど見せずに

「あーやっぱり間違いなく遺伝やね!
お父さん、いーーっつもどんなときでも幸せそうやろ(笑)」
と笑った。


(うちの夫、どんな苦境でも
傍目には余裕があって幸せそうに見えるんです。
そう、会社が消滅したときでも
私から見ても明らかに幸せそうにしか見えませんでした^^;)



それはいいとして(笑)

次男も今この状況で「幸せ」だと即答できるんだー。
まっしぐらに次の合格だけを考えて勉強できていて
それ以外のことに煩わされていないんだ。


こんな私の子供でいて
お金持ちでもなく、毎日お粗末な食事でも^^;
なんの屈託もなく幸せだと言う次男をみて
私もほんわか幸せな気分になりました^^。
あっ、結局私もチョットのことで幸せを感じることができる
(お)目出度いひとなのかもしれません^^;




興味を持ったの少し調べてみました。



人々に人生を幸福なものに感じさせる 3 つの性格特性

心配しない傾向、社交好き、良心的

の 3 つの性格的な特性が、人々の幸福感とリンクする

人生を通しての幸福のレベルは、遺伝子によって強い影響を受ける、生まれつきのものかもしれないと、研究者は言っているそうです。



幸福は人がそのように思いこむように遺伝子が設定されているのです。

1.絶対的なレベルはほとんど幸福感に影響を及ぼさない。
  生活環境の変化はほとんど幸福感に影響しない。
一時的には、喜んだり、悲しんだりするが、数日過ぎれば慣れてくる。
  従って長くは続かない。

2.人は誰でも”進歩”を好む。
  夢は常にほんの一歩先にある。人はもう少しがんばって状況をより良くしようとする。
  常に「もっともっと」とけしかけるが、昨日の成果については頓着しない。
  環境が変わると、行動パターンを変え、いつでも「ギリギリのところで」暮らしている。

3.”期待感”が中心的な役割を演じる。
  満足度=(実際に行われたこと)?期待感
  期待が人間の感情において中心的な役割を担っている。


元々、幸福感は遺伝子の影響が強いらしい。宝くじに当たったり事故で障害者になってしまったりしても、1年もすると幸福感は大体元の水準に戻る。
「幸福」は遺伝子によって予めプリセットされている。つまり幸せとは「なる」ものではなく既に「ある」ものなのだ。環境や考え方によって幸福感が損なわれているだけ。
自分の内に秘められた幸福に気付ければ、誰でも幸せを感じる事ができる。
それは環境によって上下する相対的な幸福感ではなく、何人も侵す事のできない絶対的な幸福、まさに絶対幸福である


ざっと調べたものを引用してみました。


幸せとは 誰のなかにも
「すでにある」
ものなのだそうです。

人はもう少しがんばって状況をより良くしようとする。
常に「もっともっと」とけしかけるが、昨日の成果については頓着しない。

期待が人間の感情において中心的な役割を担っている。


このあたりが心に響きました。



Instagramもやってます。お暇があれば見てね^^
https://www.instagram.com/fukunchinoanon/


ヒビノキロク、トキドキブツヨク
↑↓もうひとつのブログです



にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村 ↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

引き続きサッカー見ています →