Happy Life  を 目指して too

身の丈にあったちょうどいいライフスタイルを送りたいです。
anon

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← 暑さ寝苦しさ解消の寝具

兼高かおるさんの「神の火」?

私が今のパート先で働くようになってもう12年ぐらい経ちます。
お客さまの中には、それ以前からのお得意様がたくさん居て、
その中のひとりと話をしていたときのことです。

そのご婦人は60代後半。
12年間のお付き合いの中で少しずつ知った情報によると
ご主人さまは東大出身の大学教授。
東京の山の手に持ち家があるとのことで
今はこちらに住んでいらっしゃいますが、話言葉がとても上品で、それは美人のかたです。

でもとっても気さくで明るくて気持ちの良いかた。

で、その日は東日本の地震、そして原発のことを話していたんですが、
その流れで、

「○○かおるさんの「神の火」ってご存知かしら?」


・・・!
ええっと。「神の火」なら存じ上げておりますが(←つられてお上品な言葉に/笑)
高村薫さんですよね?

頭の中では繋がったのですが、
その奥様の年齢と美しさとイメージから
私の耳には
高村ではなくて
兼高かおると聞こえたんです(笑)<「世界の旅」のかたですね。
その奥様、たとえるならば兼高かおるさんに似た美人なんです。
話し方がほんとうにそっくり。
ご自分のこと「わたくし」とおっしゃるんですよ!



兼高かおる








なので数泊ほど思考停止してました。

「あれ原発の話でしょう?あれ読んでたら

「あのっ!高村薫さんの「神の火」ですか!?
(最初からそう言ってる^^;)
読んでますよ!私高村薫好きなんです」



神の火〈上〉 (新潮文庫)神の火〈上〉 (新潮文庫)
(1995/03)
高村 薫

商品詳細を見る




「あら!そうなの?
じゃああれも読まれたかしら
「黄金を抱いて跳べ」」


「私一番最初に読んだのが「黄金を抱いて跳べ」なんです!」




黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)
(1994/01)
高村 薫

商品詳細を見る




「じゃああれは?「リヴィエラを撃て」」




リヴィエラを撃て〈上〉 (新潮文庫)リヴィエラを撃て〈上〉 (新潮文庫)
(1997/06)
高村 薫

商品詳細を見る




あれは?あれは?と、次々に本のタイトルを列挙される兼高さん(違う/笑)。

いやービックリしました!
たしかに高村薫さんの小説も知的ですが、
この奥様の年齢とイメージだと
読んでる本は文学とか向田邦子さんとか
そんなふうに思います。

人は見かけと年齢で判断しちゃイカンですね。
高村薫さんの本の話でとっても盛り上がりました^^。

その後、
以前東京に受験に行くという話をしていたので、
「聞いちゃいけないと思ってたんだけど聞いてもいいかしら?」
と合否を尋ねられました。

「おかげさまで」
と報告をして私立と国立のことを話したら

「あ~それは、どちらに行ったほうが良かったかしらねえ?」と^^;

そして含蓄のあるオコトバをいただきました。

「九州は男の子をとっても大切にするお国柄なのね。
でも井の中の蛙になりやすい傾向がある。
できることならば、外に出してあげて広い世界を見せてあげたほうがいいと思うのよ~」


さすが世界を旅した兼高さんのお言葉です(だから違うって/笑)
確かにそのとおりで、
周りにも元々福岡が地元じゃない、というひとは、
子どもも自由に出て行きますが、
地元に旧帝大があるのだから、わざわざよそに出ていかなくても。
という考えのひとがとても多いんです。


じゅうじゅうわかっておりますとも。
出してあげられるだけの経済力があれば、
私もそうしてあげたかったです。
国立受験を含めてね。

けれどその反面、
まだ一緒にバラエティ見て笑っていられることには
チョット幸せを感じています^^。

anon

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy. Let's put some happy little clouds in our world.


Instagramもやってます。お暇があれば見てね^^
https://www.instagram.com/fukunchinoanon/


ヒビノキロク、トキドキブツヨク
↑↓もうひとつのブログです



にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村 ↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

ドタバタ劇場とそわそわ →