Happy Life  を 目指して too

身の丈にあったちょうどいいライフスタイルを送りたいです。
anon

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← 化粧水につかってみました

笑う映画でなぜ号泣? 『落語娘』

地上波の深夜に放送していたのを録画してたので見ました。
「落語娘」



落語娘 [DVD] width=





落語は、そんなに知っちゃいないけれど嫌いじゃないんです。
それは、
私の好きな作家
都筑道夫さんの影響です。

代表作のひとつ、「なめくじ長屋」の捕物シリーズには
落語仕立てのものがあったりしますし、
お兄さんは(早くにお亡くなりになったそうなのですが)真打までいかれた落語家さんだったそうです。

(昔のひとはみんなそうかもしれませんが)私の父も落語は好きだったようで、
家にたくさんカセットがありました。


そんな程度の知識ですが、
興味があったので録画していました。




あらすじとしては
あるきっかけがあって落語家になると決めた女の子(ミムラさん)が
業界の異端児といわれている落語家さんに拾われて弟子入りしてのお話の中で、

その師匠がいわくつきの噺を高座にかけることになった噺自体の落ちと、
その顛末の落ちと、

ミムラさん演じる女性落語家さんの成長や師弟愛の落ち

そのみっつが重なった
笑いあり涙あり、ミステリ、ホラーあり(?)の映画でした。





柳家喬太郎という人気の落語家さんが落語の監修をされたということで、
役者さんの語る落語も本格的です。
ミムラさんなんかは1か月半ほど稽古をつけてもらったらしいです。

落語に詳しいかたが見たらどう思われるのかわかりませんが、
津川雅彦さん、ミムラさんともに
すばらしかったと思います。


映画が終わって、じんわりとした思いが広がって
エンディングの曲が流れ出す頃、こみ上げる思いに号泣。

いやこれ号泣する映画じゃナクナイ?・・・^^;


なんだろう?
なにがそんなに私の琴線に触れたんだろう?


みっつの落ちのどれか?
いわくつきの噺の筋立て?
本当の結末への謎?



師弟愛?
男社会の落語界でがんばるミムラさんのいじらしい姿?
落語家になったきっかけへの思い?



津川雅彦さんと益岡徹さん演じる落語家さんの関係にも落ちがあって、
それ?



音楽の効果?




わかりませんが、とにかく泣いた。

ワインを飲んでの鑑賞だったので、
単なる酔っ払いの泣き上戸?(笑)




なので見られたかたが
「なんでこれ見てそんなに泣くんだろう?」
と思われるかもしれませんが、

とにかく泣きました。



御用とお急ぎでない方は、お勧め!







Instagramもやってます。お暇があれば見てね^^
https://www.instagram.com/fukunchinoanon/


ヒビノキロク、トキドキブツヨク
↑↓もうひとつのブログです



にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村 ↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

ゴメン、夫 →