Happy Life  を 目指して too

身の丈にあったちょうどいいライフスタイルを送りたいです。
anon

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← レンジゆで豚&スープ&スクランブルエッグ

読書記録 都筑道夫

私の読む本はほとんどがミステリです。

小学校のルパンやシャーロック・ホームズに始まって、江戸川乱歩、横溝正史、
海外の主だったミステリも読みました。(大半は筋忘れてるけど^^;)


これまでも書いていると思いますが、一番好きなのは都筑道夫さん。



ちみどろ砂絵・くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ〈1〉 (光文社時代小説文庫)ちみどろ砂絵・くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ〈1〉 (光文社時代小説文庫)
(2010/10/13)
都筑 道夫

商品詳細を見る

最近また読み直していました。
いかがわしい描写もあり、決してお上品な話ではありませんが、
江戸の描写含めて、ミステリ色もありとても面白い。


もう存命されていませんが、私が高校生ぐらいのころに知ってからずっと(再読含め)読み続けている作家さんです。
上に紹介した本は捕物帖スタイルの時代劇ですが、
おどろおどろしい探偵小説からショートショート、はてはヒロイックファンタジーまで多様です。
出版されている本は百冊を下りません。
なので、読んでも読んでもまだ未読のものがある。
高校生の私はこの幸せをかみしめていました。

もちろんなめくじ長屋含めてシリーズものもたくさんあり、
その登場人物の魅力でさらに面白さが増す。



七十五羽の烏 ―都筑道夫コレクション<本格推理篇> (光文社文庫)七十五羽の烏 ―都筑道夫コレクション<本格推理篇> (光文社文庫)
(2003/03/12)
都筑 道夫

商品詳細を見る

論理のアクロバットと名探偵の復活の実践を試みた作品
私は1980年に出た文庫本を持っているのですが、コレクションのこれは
「退職刑事」と、「なめくじ長屋捕物さわぎ」シリーズの2編が収録されているようです。



雪崩連太郎全集―都筑道夫恐怖短篇集成〈3〉    ちくま文庫雪崩連太郎全集―都筑道夫恐怖短篇集成〈3〉 ちくま文庫
(2004/07/08)
都筑 道夫

商品詳細を見る

怪奇もの、伝奇もの?ミステリ。
これもおどろおどろしいですね^^;シリーズはたった2冊しかないですが、それが1冊にまとめられて
その後雑誌に発表された2つの短編が入ってるの!?
かっ、買おうかな。



都筑道夫さんをあらかた読んでしまってからはジプシーのようにいろいろとミステリを読みあさりました。

つながりでみつけた高橋克彦さんは、時代小説もあり、現在も愛読しています。
宮部みゆきさん、東野圭吾さんもご多分にもれず読みました。最近のものはあまり手を出していません。
森博嗣さんのものは、好みとは少々違うのですが大半は読んだかな。
島田荘司さん、綾辻行人さん、有栖川有栖さん、法月綸太郎さん、本格ミステリはチョット苦手です。
ブームに乗って、パトリシア・コーンウェルの検視官シリーズなんかも読みました。
新しいところ(?)では伊坂幸太郎さんや恩田 陸さん、
魅力を感じるし惹かれるのですが、なにかが違う。恩田陸さんは年齢が近いと感じるなにかがあるのですが、
なにかが違う。なんなんだろう?「六番目の小夜子」は面白かったです。

小野不由美さん、十二国記シリーズは途中で挫折したままなのですが、
「魔性の子」「東亰異聞」面白かったです。

京極夏彦さんはカナリ好きです。いま海棠尊さんの本と並行して読んでいます。
同じく好きな高村薫さんは文庫本待ち。



・・・本題に行く前にお腹いっぱいになりました(笑)
オチもなく、まとまりなくてごめんなさい!
(いつもはオチがあるんだろうか?って話ですが^^;)

好きなミステリ、面白いと思うミステリがあったら教えてください。
半身浴のときと寝る前の読書が、
一番の幸せなんです^^。

Instagramもやってます。お暇があれば見てね^^
https://www.instagram.com/fukunchinoanon/


ヒビノキロク、トキドキブツヨク
↑↓もうひとつのブログです



にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村 ↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

塩麹完成?とアボカドのサラダ →