Happy Life  を 目指して too

身の丈にあったちょうどいいライフスタイルを送りたいです。
anon

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← オシャレもそのひとを見られるのも足元から 社会人の身だしなみ 2

人並みになって卒業できた

昨日は長男の卒業式でした。
無事に卒業することがができてほっとしました(笑)

それというのも・・・
彼は朝起きられない病だったんです。

実は私もそうだったので、その轍を踏まないように子どもの時から自分で起きるように
その点に関しては細心の注意を払ってきたつもりですが、
長時間寝ないと起きることができない体質のようで、
高校になってからその傾向がでてきて、
もちろん学校を休むことなく朝補習はともかく(笑)授業自体に遅刻することもなく部活も人並み以上にはりきってやっていたのですが
大学になって夜更かしをしだしたらてきめん朝がおきられないようになりました。

私とまったく同じなので、遺伝なのかな?
夫はなにがあっても起きる人なので、
なぜ起きられないのか?
甘えてるんじゃないのか?
人間起きようと思ったら起きられるはずだ。

そんなふうに言うのですが、
ほんとうにそれ以外はむしろリーダーシップもとれる子で
親に甘えているわけでもありません。



たまたま大学の受験問題、英語にその件に関しての英文があって知って、
以前記事にもしたのですが、こういうことを知りました。


ティーンエイジャーはホルモンの変化に伴い眠りにつく時間が遅くなる一方、より長く睡眠をとる必要がある。


ティーンエイジャーの体内時計は児童や大人のものとは違うスケジュールでセットされています。そのために彼らは午後11時頃までなかなか眠れません。この時間帯にならないと、睡眠を誘発するホルモンであるメラトニンが分泌されないからです。また、彼らは午前8時よりも早く起きることも苦手です。この時間帯にならないと、メラトニンの分泌が止まらないからです。



そしてこれは

年齢とともに治る傾向

にあるらしい。










たしかに私も社会人になったらちゃんと起きられるようになりました。
今でも睡眠障害は多少ありますが、
13年間9時に始まる仕事をしていて問題なく過ごした。
年とともに朝起きることは苦ではなくなってきました。


だから長男もきっと年齢とともに起きられるようになるとは思いましたが、

あまりに起きないので、病院に行くことも話し合いました。
単にやる気の問題と思われていたこれにも、病名があるのだそうです。
けれど本人が「精神病にされたくない」という。
どのみち大学生活で夜型の間は改善はむずかしいだろうとだましだまし来たのですが、
1限2限の授業に出ることができないことが多くて心配しました。

私も大学時代はそういう生活だったのですが、
私立でゆるかったおかげで無事卒業もできた。
けれどもその中にあって、
同じように病的に起きられなくて、結局卒業できなかったのか?8年がかりで卒業したのだったか?
の友達がいて、
長男もそんなふうになってしまうのではないか?と心配したのでした。



あきれるぐらい晴れ男の長男、外へ外へと飛び出す長男、
お願いだからもうちょっと深く考えるようにしてよと頼みたくなるシンプル思考の長男には縁がなさそうに思いましたが、
そういうひとはうつ傾向になったりするらしい。
そりゃそうですよね。
人並みのことができなくて授業や約束の時間に遅れたら、
自己嫌悪に陥ると思うし、ダメな人間なのじゃないかと悩むはずです。


私が仕事に行く前に起こして、いったん起きていてもまた寝てしまい、
昼過ぎまで寝ていることも多々ありました。
仕事を辞めてつきっきりで起こさないといけないのかと悩んだ時期もありました。

毎日毎日大声で起こして、それでも起きなくて、
仕事先からずっと電話するけど出なくて、
昼過ぎにやっと「いまおきた」ってメールが来る日々・・・

店主にお願いして途中仕事を抜けて起こしに帰ったこともありました。

いまこうして私が無職でいても生活はなんとかですができているので、
思い切って辞めたほうがよかったのかもしれません^^;

しのごの言わないでさっさと病院に連れていって、薬を飲ませたら改善したのかもしれません。


といっても毎日きちんと帰ってくる子ではなかったので、
友達のところではどうしてたんだろう?ちゃんと起きていたのかそうでないのか?

バイクでツーリングに行くことがよくありましたが、
いつもたいがい野宿で(テント持ってね)、そんなときは暗くなったら寝るしかないし、
朝日とともに目が覚めていたようでしたので、
そういう生活を続けることができたら改善できるのでしょう。



幸いそんな長男も(体のホルモン的にも)ティーンエイジを過ぎたのでしょう。
年々ちゃんと起きられるようになってきました。

用事に合わせて自分で起きる。
あたりまえなそのことが大学を卒業する時期になってやっとできるようになりました^^;



これからひとり暮らしをして自分で起きて仕事に行かねばならないこと、
心配じゃないとは言いませんが、
とりあえず人並みにはなったと思います。


特大の音の目覚まし時計を持たせてやろうと思っています(笑)




Instagramもやってます。お暇があれば見てね^^
https://www.instagram.com/fukunchinoanon/


ヒビノキロク、トキドキブツヨク
↑↓もうひとつのブログです



にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村 ↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

ボケ防止になるんです →