Happy Life  を 目指して too

身の丈にあったちょうどいいライフスタイルを送りたいです。
anon

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← オルトのパンとバター

冷えとり シルク ワイルドだぜぇ~

朝夕の気温が冷えるようになってきて、
靴下重ね履きローテーションの中に入っていた
ワイルドシルク
ほっこりと暖かいことに気づきました。

一番最初に履く5本指のシルクソックスなのですが、
普通のシルクソックスよりも厚手。
最初は固いかな?と思っていたのですが、
洗うほどにふかふかになってきて、
ウール?ってぐらいに暖かいんです。

ウールも吸湿発散性が高いらしいですし保温性が高い。
夏場でも綿よりウールのほうがさらっとしているとのことで前回
ワイルドシルクとウールがセットになってる冷えとりセットを購入したんです。



ウールが暖かいのは、ウールの糸自身が弾力性を持っていて多くの空気を含む事ができるから


で、



シルク(絹)はセリシンとフィブロイン という2種類のアミノ酸から出来ていて、最も肌に近く、なおかつ肌にやさしい繊維
だそうで、

絹には空気を多く含む要素はない

けれど

湿度が非常に高い環境では絹は優れて吸水性が高いことが分かってきた。
絹は、生体関連のタンパク質である。動物内のタンパク質はいつも水に囲まれている。
動物の皮膚のように表皮を形成するタンパク質は、常に変性して新陳代謝を繰り返して
再生を余儀なくされている。だから衣類になった絹は水分を歓迎する。
人体から放出された汗は、絹に好んで吸収され、飽和水分は発散される。


ので

一度暖まれば冷えにくい。



水を適度に含んだ絹は、水を得たタンパク質そのもので、しっとりとした、
いわば風呂上がりの人肌の感触を与えてくれる。


とのことです。

http://www1.sphere.ne.jp/mayuko/hyper.html ←コチラより引用させていただきました






そんなシルクのなかでワイルドシルクは品種改良されていない野生の蚕の繭からとれる希少のもので
一般の絹より強度が優れやわらかくしなやか。
保温力が高くより冷えとり効果があるとのこと。



ワイルドシルクには糸の中に「シルクナノチューブ」という細かな空気の菅がある
らしいのです。

だからウールのように空気を含むこともできる、のかな???

とにかくほっこりと暖かいです^^


で、今回購入したワイルドシルクは



wild.jpg


↓この商品




靴下専門店 千代治のくつ下さんというところの商品で、自社工場で生産されているとのこと。


メールにて問い合わせをさせていただいたのですが、返信も早く、
とても親切に対応してくださいました。
商品も気に入ったこのショップですが、対応の素晴らしさにますますファンになってしまいました。




私の話を聞いて冷え取りをはじめた友達がいるので、
このほっこり感をぜひ履いて試してもらおうと思います^^






ワイルドシルクが選べる4足セットはこちら

Instagramもやってます。お暇があれば見てね^^
https://www.instagram.com/fukunchinoanon/


ヒビノキロク、トキドキブツヨク
↑↓もうひとつのブログです



にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村 ↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

今年も作りました玄米ホットパック 【冷えとり】 →