Happy Life  を 目指して too

身の丈にあったちょうどいいライフスタイルを送りたいです。
anon

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← すがすがしい

発芽玄米

最近は白米3合に玄米2合を加えて、それに雑穀を少し足してご飯を炊いているのですが、 もう少し玄米率を増やそうと半々にしてみたりしています。 植物は発芽の状態のときに最も栄養が出るようで、 玄米も普通のときよりも発芽のほうが栄養価が高くなります。 お手軽に買ってもいいのですが、 発芽玄米、お高いです^^;。 家に玄米があるじゃマイカ!な私は、 自分で発芽させちゃいます。 なにより、 ぴこっと出た芽は、可愛いものですよ(^^) 食物って生きてるんだなあ。とつくづく思わせられます。 それに比べたら白米からは芽が出ることはないのですから、 栄養は比べるまでもありませんよね。 美味しいけど(笑) 固い玄米と違って発芽玄米は炊飯器で普通に炊けます(^^)。 応援いただけるとめっちゃ嬉しいです(^^)   ↓          ↓ にほんブログ村 健康ブログへ   banner_02.gif 玄米は殻が固くそのままではミネラルの消化吸収がはフィチン酸によって抑制されがち(要するに吸収が悪い)なのですが、 発芽玄米では、フィチン酸が抑えられ、効率よく行われると言われています。 血圧上昇を抑制する働きを持つガンマアミノ酪酸(通称:ギャバ)が玄米より多く、白米の約10倍程もあるそうです。 発芽玄米100g中にギャバは少ない品種で6~7mg、多い品種で40?も含まれている。とのことです。 最新の研究によると、
発芽玄米は、玄米や白米よりも血中の解毒酵素として知られるホモシステインチオラクトナーゼ活性を高めたり、糖尿病合併症で発症率が高い神経障害の症状を抑制したりする効果があることが報告されたそうです。 ホモシステインチオラクトナーゼ活性とは、パラオキソナーゼ(PON)ファミリーで知られる酵素が有する活性で、LDLを酸化させ、動脈硬化のリスクを高める原因物質のホモシステインチオラクトンを加水分解する重要な働きを担っている
発芽玄米の栄養による効果を書いておきますね。 ギャバ : 血圧を下げる 脳卒中、耳鳴り、睡眠障害、意欲低下などの治療 アレルギーの予防・アトピー性皮膚炎改善効果・精神安定作用・ストレス軽減 フィチン酸 : 性気管支疾患、脊髄疾患などの治療や腎臓結石の予防 イノシトール 脂肪肝・肝硬変を予防する フェルラ酸 : 活性酸素を除去する ・メラニン色素の生成を抑制 トコトリエノール 活性酸素を除去する/コレステロールの増加を抑える カルシウム : 骨粗しょう症を予防する マグネシウム 心臓病を予防する ガンマ・オリザノール :  皮膚の老化防止・皮膚の血液循環促進 自律神経失調症・更年期障害の緩和 ビタミンB1 : 糖質の代謝促進・中枢神経、末梢神経の働きの正常化・脚気の予防・記憶力低下の抑制 ビタミンE : 抗酸化作用・老化防止 マグネシウム : 心臓病の予防・カルシウムやビタミンB1の吸収促進 亜鉛 : 味覚異常の予防・生殖機能の正常化 食物繊維 便秘・大腸がん・高コレステロール血症の予防 発芽玄米の家での作りかたは簡単です。 水に漬けておくだけ それだけです(笑) 少々暖かいほうが良いので、最初にぬるま湯を使うとさらにいいのかもしれません。 夏場は1日、冬場で2、3日ってとこかな? 可愛い芽がチョン、と出てくるのが判ります。 夏場は特に、水をこまめに替えないと濁ります。 どうかしたらお酒のような匂いが・・・ 発酵?^^; でも良い匂いなら大丈夫。 もし発芽しないのなら、 その玄米にはチョット問題があるかもしれません。 家で手軽に発芽玄米。 栄養もプラスでお奨めですよん(^^)
anon

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy. Let's put some happy little clouds in our world.


Instagramもやってます。お暇があれば見てね^^
https://www.instagram.com/fukunchinoanon/


ヒビノキロク、トキドキブツヨク
↑↓もうひとつのブログです



にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村 ↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

コラーゲン 比較 →