Happy Life  を 目指して too

身の丈にあったちょうどいいライフスタイルを送りたいです。
anon

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← 長生湯 朝ごはん 長湯温泉 丸長旅館3

炭酸泉 癒しの旅館 長湯温泉 丸長旅館2

家を出発したのはお昼前だったと思うのですが、
途中お昼を食べたりして、ガンジーファームとか見てたりしたらあっちゅう間に夕方。

岡城跡も行こうと思っていたのですが、とてもとても無理でした。


旅館は川沿いに面していて、
そこには露天の温泉、『ガニ湯』があります。
撮ってると思ったのですが、写ってないですね(笑)





DSC_4034.jpg



DSC_4028.jpg


夕焼けで風情のある風景。
次男と夫と私。
お嫁ちゃんと長男の二部屋とりました。
ともに10畳、私たちの部屋には濡れ縁があって、
そこから座ってこの風景を眺めることができます。

川の中にあるガニ湯も見えて、
無料の露天、しかも混浴(笑)
「ご滞在中どなたか必ず入ってるのを見ることができると思いますよ」
と仲居さんがおっしゃってました。

地元のひと、入るんかな?

写ってないのでガニ湯はこちらで→ 長湯温泉のサイト







2015marucyou1.jpg


旅館の入口です。
創業100年近い旅館だそうですが、最近(?)改築されています。
が、玄関は昔のままのものだそうです。




2015marucyou3.jpg


外観は、もうね、本当に素朴な小さなお宿なんですよ。


2015marucyou4.jpg


朝6時すぎ、霜がおりててくるまが真っ白!
10時過ぎに立つときにも土にはまだ霜柱がありました。






2015marucyou6.jpg


入ってすぐ右手にいろり。


2015marucyou5.jpg


その先には花が活けてあって素敵です。
梅の花かな?





2015marucyou7.jpg


階段の踊り場もとても素敵です。


2015marucyou8.jpg


そして廊下が畳!
とても気持ちがいいです。



2015marucyou9.jpg


こんな感じで本棚とソファがあって、くつろげるスペースが。
手前のソファは二人がけの長椅子なので居心地よさそうでした。





2015marucyou2.jpg


ウェルカムスイーツ!
たべかけ(笑)
わらび餅でしょうか?






そして肝心のお風呂ですが、
ここには大浴場や露天はありません。
こんな感じの家族風呂がみっつあって、
内側から鍵をかけられます。

鍵がかかってなければ、24時間どれに入ってもいいってシステムです。

私たちは夫と次男、私、長男夫婦、
みっつに別れて入っちゃいました。
ひとつはどなたかが入ってらしたのですが、
すぐ隣に200円で入れる公共浴場もあるので、
そっちに入るって手もあります^^

御飯前と、寝る前の二回ここのお風呂には入りました。



2015marucyou10.jpg


ちょっとぬるめで、
あたたまらない?
と思ったのですが、
御飯食べる頃にはポカポカでした。

さすが炭酸泉!
花王のバブは、ここの炭酸泉がコンセプトで開発されたとネットでみかけました。



ただ・・・
かけ流しの源泉なのですが、
沸かしているので
気泡はありません。

残念だー(><)
せっかく個室なので、
私の肌についた気泡の画像をアップしようと思ったんですけどね(笑)

気泡が見たいなら
『ラムネ温泉館』へ行くとシュワシュワなるそうです → ココ

同じ温泉源なのですが、
なにが違うのか尋ねたら、
温度が低くないと気泡ができないとのこと

ラムネ温泉の温度は32度。
そりゃ長湯するはずだわーーー!
と思いましたです^^


こちらに詳しいレポートがありましたので
興味があるかたはぜひ~
http://www.kashikiri-onsen.com/kyusyu/ooita/nagayu/maruchou.html


続きます~^^


大分 竹田 長湯温泉 丸長旅館 1 ←     →  長生湯 朝ごはん 長湯温泉 丸長旅館3


 ↓近くの温泉関連記事 (コブログに飛びます) ↓

ramune2.png   siti2a.png


Instagramもやってます。お暇があれば見てね^^
https://www.instagram.com/fukunchinoanon/


ヒビノキロク、トキドキブツヨク
↑↓もうひとつのブログです



にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村 ↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

大分 竹田 長湯温泉 丸長旅館 1 →