Happy Life  を 目指して too

身の丈にあったちょうどいいライフスタイルを送りたいです。
anon

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← 水虫ではないですが、五本指ソックス

ゆたんぽで免疫力アップ!

数年前に湯たんぽを買いました。
寝るときに使うってわけではなくて、起きているときに使うためです。


なぜかというと、

身体を温めると免疫が上がる。

体温が上がると病気が治る。


ということを知ったからです。

身体を温める事で便秘が治ったり、尿が良く出るようになったり、ムクミが取れたり、血圧が下がったり、血糖値が下がったり、生理痛が軽減される


「体温が1度上がる」 と免疫力は5倍に上がるそうです。
体温を36.5℃位に保っておけば、健康体・免疫力旺盛になれるらしい。


低体温という実感はないのですが、身体が冷えてるのは夏場でも感じていました。
仕事場などエアコンを使ってる場合は特におへその下らへんやお尻が冷たくなっていました。
女性の場合は特に下半身の冷えを予防することが大事なので、
仕事場では常に
バイオラバーのベルトを腹巻き状態で巻いていました。

さすがに夏場はゆたんぽ、って気もちにはなれませんでしたが、
最近は家でくつろぐときには足や太もも、お腹に置いたりお尻に敷いたりして温めることを心がけています^^。

におなか(腸)には全身の免疫細胞の約7割が集まっている人体最大の免疫器官があるそうです。
ここが冷えてしますと、免疫低下してしまいます。

おなかの中の臓器(肝臓、腎臓、すい臓、胃、子宮など)の血流を良くし、その機能を高めることでからだ全体の流れをよくすることにつながります。
自律神経失調症など精神的に辛い方はなるべく体(内臓)を温め ることを心がけてください。
「体(内臓)が冷えている」ということは『精神的にダメージを受けやすい体』だということなんだそうです。

使い捨てカイロを使うのも手だと思いますし、お風呂も有効です。

湯たんぽは、お湯さえ入れれば何度でも手軽に使えますし、
自然に冷めていきますから低温やけどの危険も少ないです。
なによりエコですよね!^^









今年は特に、可愛い湯たんぽが目に付きます。
私のはオレンジのプラスチックで、カバーもそっけないものですので、
欲しくなっちゃうぐらいいろんなのがあります。

カバーだけでも買おうかなあ(笑)









Instagramもやってます。お暇があれば見てね^^
https://www.instagram.com/fukunchinoanon/


ヒビノキロク、トキドキブツヨク
↑↓もうひとつのブログです



にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村 ↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

憧れ寝具の下に敷くもの →